飛蚊症|高槻市で眼科をお探しなら『にしがき眼科』。白内障の日帰り手術から緑内障、ドライアイ、飛蚊症まで。

飛蚊症

飛蚊症について

飛蚊症とは、モノを見ているときに黒い虫ようなものが動いているように見える症状のことを指します。
黒い虫のようなものの大きさは人によって様々ですが、年齢を重ねるごとに症状が現れる人が増えていきます。
多くの場合は目の機能に異常はありませんが、網膜剥離の初期症状や糖尿病網膜症の可能性もあるため、早めの受診をおすすめ致します。

飛蚊症の症状

  • 黒い虫のようなものが時々飛ぶように見える
  • 黒い虫ではなく、白っぽく見える場合や薄く曇った感じに見える
  • 常時目の前にゆらゆら動いていて、目の動きよりも少し遅れてついてくるように見える
  • 中心部に黒い虫のようなものが見える

飛蚊症の原因

飛蚊症の原因は、特に治療の必要がなく病気ではない「生理的」な症状と、治療しない視力に影響を及ぼし傷害されることがある「病的」なものの2つに分けられます。

生理的飛蚊症

人の眼球の中は、ゼリー状で透明な「硝子体」で満たされています。
この硝子体の1部分が濁ってしまうと、その濁りが影となり、黒い虫のようなものが飛んでいるように感じる症状です。
この症状は病気ではないため、日常生活の管理で改善できるものとなります。

■ストレス

ストレスにより生理的飛蚊症になる可能性があります。
その理由として、人はストレスを受けると活性酸素が大量に発生するからです。活性酸素は硝子体の組織を変質させ、飛蚊症を引き起こす原因となります。
すぐに起きる症状ではありませんが、活性酸素があまりに多すぎると酵素による分解組織が間に合わず、飛蚊症になります。

■紫外線

目が紫外線を浴びると硝子体の中に活性酸素が発生します。
その他にも、パソコン・携帯電話・テレビなどの電化製品から発するブルーライトも動揺の原因になると言われています。
そのため、ブルーライト対策をすることでこの問題は回避することが可能です。

病的飛蚊症

飛蚊症を自覚してない人がほとんどですが、なかにはとても重い病気になっているケースもあります。

■網膜裂孔・網膜剥離

網膜に穴が開いてしまったり、網膜が剥がれてしまった状態になると、飛蚊症ではないかと人は自覚していきます。
症状が悪化していくにつれて、カーテンでかぶせられたように見にくくなっていき、視力の低下に繋がっていきます。
飛蚊症は痛みを感じることはありませんが、失明の危険性もあるため、少しでも気になった場合はすぐに眼科にご相談ください。

■硝子体出血

硝子体出血では、糖尿病や高血圧、外傷などが原因で硝子体から出血することがあります。
症状によっては、霧がかかったように見え、視界が遮られることもあります。
最初は、軽症で安心している方も、日に日に症状が悪化し、失明に繋がりますのですぐに眼科にご相談ください。

■ぶどう膜炎

一部のぶどう膜炎では、硝子体に濁りが生じ、飛蚊症を引き起こします。
ぶどう膜炎の場合は、普段よりまぶしく感じることがあったり、かすみがかったように見え、視界が遮られることがあるのが特徴です。

飛蚊症の治療

加齢やストレスなどにより生理的な症状が主な原因にはなりますが、重大病気の全量として発症することもあります。
病的な原因については、レーザーを使った手術を行い、治療することが可能です。

ページトップへ戻る