ドライアイ|高槻市で眼科をお探しなら『にしがき眼科』。白内障の日帰り手術から緑内障、ドライアイ、飛蚊症まで。

ドライアイ

ドライアイについて

ドライアイとは、涙の分泌が少なかったり、涙の安定性が悪いために、角膜(黒目)が乾燥して傷ついたり、疲れ目などの不快な症状がでる病気です。
日本のドライアイ人口は800万人とも言われ、一般の方にも、かなり浸透している病名となっています。
軽い症状なら少し疲れを感じる程度ですが、重い症状なら角膜までが傷ついて激しい痛みを感じたり炎症が出てきたりしますので注意が必要です。

ドライアイの症状

  • 眼が疲れやすい
  • 眼が重い
  • 痛み
  • 光をみるとまぶしい
  • 目ヤニがでる
  • 眼が乾く
  • 充血
  • かすみ目
  • 異物感
  • 眼の不快感
  • 涙がでる
  • かゆみ

ドライアイの原因

テレビやパソコンなどを長時間見ることによる目の酷使や、エアコンの使いすぎによる室内空気の乾燥により起こる涙の量の減少。また目の表面の乾燥、涙の成分バランス変化が主な原因と言われています。
更にアレルギー性結膜炎の患者様は、ドライアイになりやすいです。

ドライアイの検査

視力検査・眼圧検査に加え、以下の検査を適宜行います。

涙液層破壊時間検査(BUT検査)

まばたき後、目の表面を覆っている涙が、どのくらいの時間で乾燥し始めるかを調べる検査です。

フルオレセイン染色

角膜を染色後ブルーの光を当てて、角膜の傷の有無を確認する。

シルマー試験

専用の試験紙を下まぶたの端に5分間挿入し、涙でぬれた部分の長さで涙の量を測ります。

ドライアイの治療

点眼薬

症状が軽い場合は、潤いを持たせる点眼薬で緩和させることができます。
涙の蒸発を抑制するヒアルロン酸の目薬、涙の粘性成分の分泌を促進する目薬、表面の粘膜修復作用の目薬を使い分けます。

涙点(るいてん)プラグ

涙の出口である涙点に栓(涙点プラグ)をして、涙の生理的な排出を人為的に遮断するような治療法です。時間もかからず効果も実感しやすいため興味のある方は一度ご相談ください。

ページトップへ戻る