設備紹介|高槻市で眼科をお探しなら『にしがき眼科』。白内障の日帰り手術から緑内障、ドライアイ、飛蚊症まで。

設備紹介

機器紹介

  • [眼科用手術顕微鏡]

    実際の目を数倍に拡大して手術ができます。眼科手術では、この手術用顕微鏡が必須となります。

  • [超音波白内障手術装置]

    ペリスタルティックポンプ方式とベンチュリーポンプ方式の双方を駆使したもので、より安全で確実な手術を提供することが可能です。

  • [オートレフケラト/トノ/パキメータ]

    非接触型眼圧計として眼圧を測るだけではなく、角膜の厚みも測ることができます。

  • [オートレフケラトメーター]

    目の屈折(近視、遠視、乱視など)、角膜曲率半径(角膜のカーブの程度)を自動測定する器械です。

  • [ スペキュラーマイクロスコープ]

    角膜の内側にある内皮細胞の数、面積、形状、角膜厚を計測します。

  • [光干渉断層計]

    眼に触れることなく光で角膜、虹彩、隅角、水晶体などの前眼部の断層画像を得る装置です。

  • [光干渉式眼軸長測定装置]

    非接触ながら高精度で眼軸長(目の長さ)を測定して、眼内レンズの度数を計算する装置です。

  • [レーザー光凝固装置]

    眼底に生じる網膜裂孔や眼底出血などに対する治療の機械です。

  • [ハンフリー視野計]

    中心部の視野を重点的に調べることができる為、緑内障の早期発見や視神経疾患、網膜疾患などを調べるのに効果的な機器です。

  • [超音波眼軸長測定装置]

    白内障手術の術前検査として、超音波により眼軸長(眼球の長さ)を測定します。

  • [視力検査装置]

    視力を測る視力表です。

ページトップへ戻る